工法で住み心地が変わる!?一戸建てを選ぶときに注目したい工法とは

建てられている工法によって住み心地も変わってきます

一戸建て住宅購入を考えたときに、間取りや立地のことはじっくり考えて検討しても、その物件がどのように建てられているかという工法に関してはあまり注目しないという方も多いものです。工法はその家の特性を左右するぜひチェックしたい重要項目で、入居後の住み心地にも関わってきます。ここでは様々な工法とその特徴をご紹介しましょう。

最も多く使われている木造在来工法

日本の一戸建ての最も多くに使われているのが木造在来工法です。これは日本古来から行われてきた工法を現代風にアレンジしたもので、日本の風土に馴染み、幅広い間取りに対応します。梁や桁といった木材を組み合わせて強度を出していくため地震に強く、数本の柱を設置するので、窓も大きくとることができます。

北米からの輸入工法ツーバイフォー

一見キャラメルの箱のような可愛い四角い形に小さな窓の住まいがツーバイフォー工法の家です。北米からの輸入工法で、壁自体が構造体の一部となっているため、柱が必要なく屋内の空間が広々とした開放的な間取りにすることができます。一方で大きな窓を取りにくく、防犯性の高い住まいにすることができます。壁が振動を吸収するため、地震にも強いと言われています。

ライフスタイルに合わせて工法を選びましょう

このように一口に住宅といっても様々な工法があり、特性が違ってきます。個室を多くしたプライバシーを大事にする家がいい、家族が集う開放的な空間の住まいにしたいなど、ご自分と家族のライフスタイルに合わせて工法を選ぶことで、入居後の住み心地をより良いものにすることができます。

つくばの一戸建ては不動産としての価値が非常に高いので、資産として持っておくだけでも十分に価値のある一戸建てです。