雰囲気がありながらも使いやすい店舗をデザイン

販売する物の雰囲気からコンセプトを決めましょう

飲食店や雑貨店を開業する際に欠かせないのが、店舗デザインです。予算を抑えながら、より集客が望めるデザインを考える必要があります。全て専門の業者に依頼することも可能ですが、ある程度は自分で考えたいと思う人も少なくありません。人によって趣味は様々なので、好みの店舗デザインはもちろん異なってきます。しかし、集客や店の発展を望むなら趣味よりも店のコンセプトなどを優先することが大切です。最初に店で販売するものや提供する料理のジャンルや雰囲気について考えてみましょう。壁や床の色は商品や料理が一番良く見えるようにすることが大切です。意外性を狙うという方法もありますが、食品の場合は清潔感を失わないようにします。店の雰囲気から販売しているものが連想できるようにしておくと安心です。

使いやすさにこだわると客も従業員も居心地が良い

デザインのコンセプトを決めた次は、使いやすいさについて考えてみましょう。新しく作る店舗は、自分や従業員たちが仕事をすることになる場所です。毎日、快適に仕事ができるように家具の配置などについて考えます。店内がある程度混雑しても従業員や客が不自由なく動ける環境にしておくことが大切です。動きづらい店内は従業員だけでなく、客も不快な気分になる可能性があります。誰もが気持ちよく滞在できる機能的な店内にすることが重要です。一方、わざと店内を複雑にして商品をじっくり見てもらう方法もあります。ただし、一見複雑に見えても移動するための通路等はきちんと確保しておかなくてはいけません。

内装工事とは建物の内部を工事することをいいます。代表的な手法として壁や天井などのクロス貼りや塗装、フローリング貼りなどがあげられます。