顧客に愛されるお店づくり!店舗デザインで重視したいポイントとは?

雰囲気の良い店舗を作るには

小売店や飲食店などの店舗を新しく開店するにあたり、店内の広さや事業の内容などを考慮しながらデザインを考えることがとても大切です。特に、落ち着きのある店内を演出することで、集客力アップにつながることもあるため、インテリアの種類や配置、壁の色などにこだわることがおすすめです。また、開業のための資金にゆとりがある場合には、インテリアデザイナーやカラーコーディネーターなどの専門家に相談をすることで、効果的なデザインのポイントを教えてもらうことも効果的です。なお、予算が限られている場合には、同業者の店舗内の特徴を把握したり、メインとなる顧客の年齢層や性別などのターゲットを絞ってデザインを検討したりすると良いでしょう。

コンセプトにぴったりの内装のデザインを選ぶコツ

事業のコンセプトにピッタリの内装のデザインを取り入れたい場合には、各地で評判の良い工務店にサポートをお願いすることがおすすめです。特に、ライバル店が多く立ち並ぶ地域で差別化を図るためには、魅力的なデザインを内装に採用するのはもちろん、インテリアの選び方にも工夫をすることが重要です。例えば、飲食店であればテーブルやチェアなどのデザインや品質は、顧客の獲得に大きく関係してくるため、まずは経験豊富な担当者と相談をしながら、時間を掛けて理想的なものを配置しましょう。また、定期的に店内の模様替えやリフォームをしたい場合には、アフターサポートの内容にこだわって依頼先を決めることがポイントです。

内装デザインする際は、見た目だけでなく使いやすさにもこだわります。飲食店なら、清掃しやすいデザインの方がおすすめです。