個人での起業に使える?賃貸オフィスの活用方法

個人事業主として起業するにはオフィスが必要

個人事業主として新たに事業を起こしたいと考えている人は手続き上、オフィスとなる場所の住所が必要です。登記される住所として認められているものがなければならず、自宅を選べることもあればできない場合もあります。本当にオフィスや店舗を構えて起業するときにはその準備をすると必然的に住所が手に入るので問題ありません。しかし、フリーランスの場合には必ずしもオフィスを用意する必要はないでしょう。しかし、自宅を使って登記できないという場合には別に確保しなければなりません。賃貸オフィスはこのようなときに便利で、一人部屋のような小さな物件も借りることができます。せっかく手に入るのならそこで本当に仕事をしても良いと思うようになるかもしれません。実際に使わない場合には郵便物の転送などの手続きをしておけば良いだけなので、どのような場合にも有効活用できるでしょう。

本当に住所しか必要がないなら

賃貸オフィスはそれなりにコストになるのも確かで、良い立地を選ぼうとするとさらにコストがかかります。本当に登記するための住所だけあれば良いというのであれば、バーチャルオフィスを借りるのも良い方法です。バーチャルオフィスは賃貸オフィスの形態の一つで、オフィスそのものは存在していません。住所を借りるというスタンスで利用できるようになっています。それに付帯して会議室などを利用できるサービスもあり、起業してから行う仕事の内容によっては多様な方向性で活用できる物件です。

賃貸事務所 港区で探してみると、新橋などの日本最大のビジネスエリアがおすすめです。都内でも事業所数が最も多い区なので、ビジネスに最適です。