賃貸に住むなら駅の近くがいい? メリットとデメリット

駅の近くに住むメリット

最寄り駅が近い物件に住むメリットは、なんといっても時間の節約になる点があげられます。通勤・通学や遊びで電車をおもに利用するなら、年間で節約できる時間はかなり長くなります。最寄り駅までバスを使う物件だと、バスの遅延によってスケジュールが乱れるおそれがありますが、駅まで徒歩数分の物件なら電車の遅延がない限り常に予定通りの行動が可能です。また、駅の近くには商業施設が集まる傾向にある点も見逃せません。いろいろなタイプの店舗が集まっているでしょうから、家に食べ物や雑貨の用意がないとしてもすぐに買い物に行けます。駅近くに交番がある例も多いので、治安の点でも安心できるのではないでしょうか。

駅の近くに住むデメリット

駅の近くの物件にデメリットがあるとすれば、まず考えられるのは家賃です。なにかと便利な立地なので、部屋を貸す側も家賃を高く設定する傾向にあります。これは利便性とのバランスなので、高めの家賃だとしても妥当な設定の場合もあります。また、駅の近くには施設や人が集まるので、物件周辺がやや騒がしいかもしれません。駅や線路までの距離によっては、電車の通行音も気になるかもしれません。しかし音については、二重の窓ガラスを採用するなど物件側で対策が施されている場合があります。物件を契約する前に設備の詳細を確認しましょう。仕事や学校で家を空ける時間が長いなら、周辺の音は気にならないかもしれません。音については現地で確認するしかないので、可能であれば昼と夜の両方で現地に行きましょう。物件内に入れないとしても様子はわかります。

元町の賃貸マンションはデザインが工夫されていて、綺麗な外観になっています。内装もお洒落な造りになっているので、女性の一人暮らしにも最適です。